道は続いていくんだって

死なないために書いてます。終わったら、何も残らないから。今日もあなたのことを想って。

想いゴト

こんにちは。

最近一人でいることが多く考えや感情がウワーーーーーと出てくるのでここに書き出していこうかなと思います。

 

 

ーーーーー生きるって辛く残酷だ、君は確かにそう言った。その時わたしは同意するのではなく、そうかな?と濁してしまった。それは同意するのは違うと直感で思ってしまったからだ。もし君が同意を求めていたらならそれは少し後悔してしまう。だって私もそう思ってるから。生きづらいよ、この世の中は。

私は生まれてからずっとではないけど、物心ついた頃からこの世は不平等で残酷で辛く悲しいと思って生きてきた。顔が可愛い人やスタイルがいい人、何か秀でた才能を持っている人ばかりが生きやすいんだろうなきっと。

私は君のことが好きだ。君は私が誰よりも君のことを好きだなんて一ミリも思っていないだろうな。でも君のことを氷山の一角すらも知らない。君が好きなものも嫌いなものも正直よく知らない。ただ意志が強いことだけ。それは知っている。君は強くてちょっと羨ましい。

人生は辛く残酷だ、生きるって難しい。でも私は君に生きて欲しいなんて思いながら毎日眠っている。まぁ君は私がそんなこと思っているとは想像もつかないだろうけど。

 

 

そもそも人を好きになるってなんでしょう?同性異性関係なく。友達になった時が好きになった時なのでしょうか。友達は好きで当たり前だと思っている私は改めて友達のこと好き?って聞かれても正直聞かなくても普通そうじゃないの?と思ってしまいます。

私は全員とは断言できませんが友達だと勝手に思っている人たちは大好きです。(例によって私は友達が少ないので本当に仲良くしてもらえることに大感謝です。)

 

さぁここで異性を好きになる、ということについて考えてみよう!(汗)

私はここ5~6年、異性を好きになった記憶がありません。かろうじてどの学生時代にも数名仲良くしてくれた方々はいるんですけど友達に対する感情の好きと異性に対しての好きの違いがよくわかりません。今も。

5~6年前は?というと私は小学生の頃から自分の中のいい子が好きになった子が私も好き!といういっちゃんめんどくさいタイプの女だったのでその延長で好きになっただけでした。しかし自分が好きだと思うとそっからその人と話せなくなるし万が一話そうもんなら赤面症の私は相手にバレバレになってしまいます。だから話さないのです。なんで冷めたかというと、自分が人を好きになるのがおこがましいと感じたからでした。まぁ要するに病み期が到来したとともに異性への興味が皆無になったというわけです。

 

難しい問題よりも前に自分を好きになる方法を教えて欲しいです。誰と並んでも劣った自分、集合写真なんてとろうもんなら人一倍顔がデカイのが目立つ。ブサイクでも自分が好きな人は鋼メンタルなのかな?私は完璧を自分に求めている割には妥協するような行動ばかりの自分をまた嫌いになっての繰り返しです。はぁ。

 

 先に書いた君は何を想って生きているのでしょう。私は今の自分だけをどうすべきかだけで精一杯です。君のことは少し考える時もあるけど。なんどもいうけど君には生きて欲しい。いつか君と会えなくなる日が来るし、その日も近いかもしれないけど生きづらさの中でお互いあるいていこう。そんなことを想った夜中。

 

文字に書き起こせた。

ではまた次回〜。