道は続いていくんだって

死なないために書いてます。終わったら、何も残らないから。

夢の多い中途覚醒

こんにちはぁぁぁ

ブログのタイトルの通り、全然眠れませんでした。原因ははっきりしてるんですけどね。昨日バイトが終わって帰って来た時、眠すぎて2時間も昼寝をかましてしまいました。おかげで眠気も来ないまま深夜1時に無理やり眠りについたんです(睡眠薬は使えませんでした。今日もバイトだったので泣)

 

私はなぜか映画の撮影で憧れのCoccoと共演することになった。どんな役か忘れたけど撮影が始まってから終わるまでCoccoと二人で暮らさなければならないことになっていた。私は嬉しいのと反面少し怖さを夢の中ながらも感じていた。次第にCoccoと私は打ち解けていろんなことを一緒に行った。同じベットで寝たりCoccoの違う仕事に付き添いで行ってみたり、そんな穏やかな日常には涙もあった。ある日、帰ってくるとCoccoはとても深刻な顔で私を見るなり抱きついてきて号泣し始めた。私は何が何だかわからないけど必死で「辛かったね、頑張ったね」と慰めていた。

 

…そこで一回目が覚めた。時計を見ると3:29。 夜中の3時です。

なぜえええええええと思いながらまた寝てみました。

 

まだ夢はおわっていなかったのです。私はCoccoと同居している家に帰るとCoccoは何故かお腹がボッコリ出ていたのです。誰か知らない人と身ごもっていたのです。また悲しそうな顔をしながら私の方をみました。私が「身体取り替えて見る?」とわけわからんちんな提案をCoccoにしました。Coccoは快諾しました。夢の中では体は取り替えられるという謎パワーがあったのでとっかえてみました。Coccoの体は細く大きなお腹は支えるのが大変でした。少し妊婦体験をしたところでまた自分の体に戻りました。そっから違う時間にスリップするともうCoccoのお腹は小さかったのです。でも子供は私が周りを見渡す限りいないのです。そう思ってるうちにCoccoは「あの大きなスイカ4人で食べたね」とわけのわからないことを言いました。実はCoccoの大きなお腹はスイカだったというのです。またタイムスリップして私はCoccoと一緒にベットで眠り居着きました。。

 

ちょうど目覚まし時計が騒ぎ始めました。7:30です。

祖母に「外国から手紙届いてるよ!」と言われ「???」と思って見たらこっこに出したファンレターが「この住所にCoccoはいないよ」とのことで差出人の私に戻って来てしまったのです泣泣泣 夢はファンレター届いていないよということの何らかの暗示かしら。。。と少し落ち込んで見たり。

まず夢の中にこっこが出て来たの2回目です。どんだけこCocco好きなの自分。っていうか寝ていた時間ずっと夢を見ていたの私?!という感じです…。中途覚醒とかノーセンキューです。ちゃんとした睡眠を手に入れたいです。日中不安定になるから。

 

今日は本当は旧友と夜ご飯を食べに行く予定でしたが旧友の体調不良によって中止に泣

早く良くなってね旧友よ。私はこのブログを書いている最中にとっても眠くなって来てしまいましたのでここにて終了。

 

ともかくCoccoちゃん、夢の中に出て来てくれてありがとね(^^)