道は続いていくんだって

死なないために書いてます。終わったら、何も残らないから。

生きていても逃げてばかりで死んだも同然だよ

こんばんは、Mです。久々に学校があったもんでとてもブログを書ける体力はなく今日までサボってしまいました。もう1月後半ですね。いかがお過ごしですか?

 

ブログ書き直しです。変なボタン触って消えました。機械にはそんなに弱い人間ではないはずなんですけど。。。

今日はですね、大学側が「補講日だから補講入ってない人はテスト勉強してねー」と言っている日なのでお休みでした。私は今期本当にやばいのでテスト勉強するつもりでしたが、献血行きたい欲に駆られ、献血ルームへと朝一番から行きました。結果からお話しすると献血できませんでした。ヘモグロビンの値が基準値に届かなかったのです。あとちょっとなのに!しかも無駄足!と思ってプンプンしてます。まあレディースデーってこともあり、ただでさえ普段より血が足りてないので行くべきではなかったですね。反省(カハッ)

 

あ、ブログ更新をサボっていた期間に重大事件発生しました。...精神科通院が両親にバレました☆(爆死)

原因はすべて私の保険証にあります。この保険証、通院履歴を決まった時期になると自宅にそれが書かれた明細書が届くようになっているらしく、私は今回の事件で初めて知りました。母親から「〇〇駅の病院通ってるの?もうそろそろ申告の時期だから領収書出してね?それからなんで行ったの?なんで言わなかったの?」とLINEがきちゃいました。

...っだー言えるわけないじゃろが!!!娘が死にたくて病院通ってるなんて言ったらまたあんた泣くでしょーが!

初めてリストカットに手を出し、深く切り始めて、無意識のうちに保健室でリストカットをしてしまい高校の保健室の先生にバレ、親に連絡が入ったあと、親にリスカ痕見せろと言われ見せたら泣かれたと言う思い出はこちらにもあります。リストカットをしないように、自殺防止に懸命に取り組むべく私は自費で精神科に行ってるのです。だから放っておいてほしい。親には「季節の変わり目とレディースデイ前後は不眠だから今持ってる薬が切れたらまた薬もらいに病院行くね」と言っておきました。ウソつきです、逃げました。本当は死にたくなってその思いを留められなくなりそうになる直前に駆け込む予定です。今は忙しさのおかげで死にたさは和らいでいますからネ...。

 

多分私が本当に死にたいと思う日がくるのは多分大学卒業直前でしょう。最近ずっと思うのは自分自身を守ってくれる大人がいないと私は多分自殺なんかとっくにしていたでしょう。守ってくれる大人というのは親以外のことです。

中高は学年代表の先生がいました。私は成績面もメンタル面もある意味問題児だったので先生が定期的に気にかけてくれてました。その先生にまで放置されていたらおそらく今の大学に行けなかったでしょう。

今は主事室の先生が守ってくれる大人と私が勝手に考えています。私の逃げ場です。本当に私は逃げまくっているので、面倒な同級生との昼食時間からさえも逃げます。だから12月らへんからずーっとここにこもっているのです。そのおかげで二人の先生とも仲良くなれたし、南条あや様についても話したし、Coccoちゃんの大ファンであることも話したし、不眠(爆)であることも知ってくれてます。まぁリストカットのお話はナイーブなことなのでお話ししませんけど。ええ、これからも。

結局私は誰かに守られていないと生きていけないんです。この歳になって自立なんて私の辞書にはまだありません。

親を守ってくれる大人にカウントしない(というかできない)のはおそらく小学生時代のせいでしょう。特に主だった事件などはありませんが、心からは尊敬できない父親と私が自分一人で何も決められなくなった原因である母親という考えが離れられないからです。父親はまぁ会社でも割と上の方だし、生活を豊かにしてくれたし、勉強を教えてくれたりしたのでいい人だと思います。しかしあまりにも自己中心的すぎるので性格の面では本当に嫌いです、だから心から尊敬できないし、好きじゃないんです。あと、父親のくせに娘の体型に対して口出しするサイテーセクハラオヤジです。好きで私は他の兄弟より太って生きているわけじゃない。最も繊細な領域にズカズカと口出しするサイテーなやつです。

母に関しては8割型私の性格のせいなのですが、私は昔から自分の意思を少しでも否定、批判などされると自信がなくなりふさぎ込むのです。年下や嫌いな同級生に否定や批判されたら反論したりできるのですが目上の人や親に関してはふさぎ込む一方です。

私はセンスのかけらが微塵もない人間なので、服とかも買ってもらうときは必ずダメ出しをくらってました。服に限らずいろんなこと。最初から「いいねそれ!」と言われたことはまぁ記憶にある中で一度もありません。だから何しても批判されるしダメ出しされるやんけ...というくそネガティブが誕生したわけです。

ネガティブ・デブ・ブスに残された希望は死になるわけです。。。

そりゃ精神科通って睡眠薬抗うつ剤もらってもいいじゃないか!(開き直り)

 

精神科へ通ってもいいじゃないか!という抗議文でした(笑)

まぁ今は腐る程デパスレンドルミンニトラゼパムが残ってるから通わなくても死にたくなったら大人しく寝逃げするからいいのですが...。

 

記事はぼちぼち更新します。

 

あ。一昨日くらいに気がついただけど南条あや様、今年の3/30で20周忌らしいです。それに関してはちゃんとその日に記事を書こうと思います。あと明日は愛するCoccoちゃんのお誕生日!!!

ケーキ買ってお祝いします。オタ活や!