普通になりたい女の備忘録

死なないために書いてます。終わったら、何も残らないから。生きたい。今日もあなたのことを想って。

あやちゃんへ

こんにちは、Mです。

今日はなんの日かご存知でしょうか。

2020年3月30日。あの日から21年が経ちました。私が大好きで尊敬している南条あや氏の命日です。

 

2年くらい前に紹介として南条あやちゃんのブログや紹介をしたので今年は私があやちゃんに救われたことだけを書こうと思います。本当は今日もアーバンギャルドの松永天馬さん主催の「南条あやを偲ぶ会」に参加する予定だったんだけどコロナで中止に...。そろそろ人間の住む地が奪われるんじゃない?まぁいいや。

 

私が南条あやを知ったのは嫌いだったあの子の裏垢のツイート。そこにはメンヘラ神と南条あやの二人の名前があって私は当時リストカットしまくっていたので南条あやの概要を読んだときは釘付けになりました。高校1年生の頃だったと思います。

 

平成に生きた女子高校生の日常、インターネット黎明期の貴重なブログ、当時の精神科の様子(入院レポとかが今も載っています。)。そして父親との葛藤。そして自分自身に対して自傷行為などで罰する姿など、あやちゃんには全然及ばないけど重ねる点も多くて完読したときは泣きました。ネットでも一部の方が言っていたけど、インターネットに生きてインターネットに殺されたって。うーむわからなくもない。あやちゃんがもし女子高生を終えて結婚して幸せになっていたら嬉しいかもしれないけど私があやちゃんのことを知ることはなかったと思います。死んでから有名になった天才がこの世にはたくさんいらっしゃるけどそのうちの一人なのかなと私は思います。永遠に18才なんて羨ましい。

 

私自身がデパスを飲むとき、エゴですがあやちゃんを思い出します。あやちゃんはハルシオンが大好きでしたけど、そしてリタリンやネット界隈で有名な精神薬(飲んだことないもの)に対しての執着がすごい気がします。私もあやちゃんの日記で出てきた薬が処方されたときは少しワクワクしました(爆)...ちょっとその感情と似てるのかな?

 

21年。私が生まれてからあなたが亡くなるまで一年も被っていないのが残念ですがこの月日が経ってもあなたのことを覚えている人はたくさんいる気がします。最後の願いで全ての人に忘れてもらうことと詩に遺していましたが、忘れられるわけないじゃん...。とにかく毎年この時期、そしてこの日はあやちゃんを思い出します。

 

コロナで世界も日本も終わりそうだし、そろそろそちらでお会いできると嬉しいのですが...(不謹慎)。そちらの世界でもたくさんクスリ(注:合法!!!!)のこと教えてください。大好きです。