道は続いていくんだって

死なないために書いてます。終わったら、何も残らないから。今日もあなたのことを想って。

愛する人の未来など遠い目のまま言わないで...

声が聞こえる?

 

どうも、Mです。Coccoの強く儚いものたちを聴きながら今日も感情整理をしようと思います。

Cocco本人がこの曲は6月を迎える時に聴きたくなるっていってましたので...。影響されちゃいがちです。

 

今日は日曜日、安息日です。そう、私が今これを書いているのは教会です。教会のテーブルで一人Coccoを聴きながら鬱々としながら...。

死にたいとは思わないんだけど消えてなくなった方が楽だなぁって。これからどんどん年を取っていくのは当たり前のことなんだけど、それがすごい私を生きづらくしていく。生きていくって毎日が辛い。

楽しいことが全くないわけじゃないんだけど楽しいことなんて結局終わりがあるから、終わって欲しいと思うことの方が多いけどそれはそれで怖い。

 

ーーー藍に似て愛しい 恋により恋しい 藍染めの花ごろも

   髪飾り柔く 壊れてしまいそうで もっともっと優しい キスをしよう

 これはCoccoの「藍に深し」の歌詞。

 

ーーー雨は どんな風に降るの 藍は絹に水玉

 これはCoccoの「東京ドリーム」

 

愛される愛するって何なのだろうか。

人間関係に疲れるも何も今は無関心に近い。他人に興味がわかない。私は私自身を愛せていないのでそれができるようになるので精一杯なのが現状。あの子とあの子が喧嘩した、どこかに遊びにいった、ディズニーに行ったって、箱根旅行?どうでもいい。他人は他人、自分は自分。

ここまで他人に興味がないって言い張っているのに自分と他人を比べて結局自分が劣っているということを確認することはやめられない。私は劣等感の塊...。

そんなネガティブな私と仲良くしてくれる友達にはめっちゃ感謝している。けどその仲良くしてくれている子達でさえ鬱陶しくなってしまうこの季節。

構ってちゃんじゃないけど。布団から出ずに冬眠ならぬ梅雨眠がしたい。梅雨明けて数週間経ったら私は回復できるだろう。

 

明るく楽しく生きることは私の偽りの姿なのか、心から楽しめているのか?自分自身まったくわからない。自分のことなのに。何なんだろう。私は私のことで精一杯ながらも私は結局全く自分を理解できない。理解出来る日が来るとしたらおそらく生きることへの重圧がなくなるか死ぬか。毎日明日がこなければいいのになって。

 

ーーー愛だから何だ 恋だからそうだ

   会いたいよこの空に キスをしよう

 

いつだって藍は深いのだ。

そろそろ前と同じような口調の記事に戻して行こうと思います。

 

感情と考えが止まらない。まあ止まらないうちはここに書き続けると思う。

モヤモヤモヤモヤ。

またね。